本文へスキップ

 ローケツ染め作家

  
 

タペストリー


壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物の一種。タペストリーは英語でフランス語のタピスリ(tapisserie)からきている。製織の技術では日本の綴織(平織りの一種で、太い横糸で縦糸を包み込むことで縦糸を見え無くして横糸だけで絵柄を表現する手法)に相当するもの。規模、材料、様式、用途など、東洋のものとだいぶ異なり完成まで3年を要する作品もある高価な物だった。代表的な織りはゴブラン織りである。(Wikipedia)
現代ではターボリン、ポリエステルなど化学繊維にプリントした物が一般化されているが、平井の作品は絹の繊維をローケツ染めした(一部草木染め)高級な美術工芸品です 

ギャラリー

イメージ01

ミヤコワスレ

湯川の山野草

イメージ02

ハクサンフウロ

湯川の山野草

       イメージ03       

ニッコウキスゲ

湯川の山野草。

      
イメージ04

ミズバショウ

湯川の山野草。

profileお知らせ

1951年
東京に生まれる。
1972年
武蔵野美術短期大学卒
1988年
私の植物染 「一木一草の色」出版
           
この年以降、3年間隔で個展開催      
2011年9月
震災復興を願い、「花開」を神奈川県展に出展    
2012年3月
渋谷ギャラリー「トム」にて、ミツロウペン展示会(世界唯一の触図筆ペン)に応援出品
2012年9月
鎌倉ギャラリーやまごにて、展覧会を開催  
2013年年4月
植物染め手作り本「染め手帖」出版予定        
20**年*月*日
*

作品展示

湯川温泉 世寿美屋

〒029-5514
岩手県和賀郡西和賀町湯川52地割53-1
TEL.0197-82-2230
FAX.0197-82-2261


ナビゲーション